世界各地の先史岩面画に関心を抱く皆さんとの情報交換を行う場です。
by rupestrian
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30


世界遺産リスト

 以前にも書いたことがあるが、この「日本先史岩面画研究会」は国際的にはユネスコ傘下のイコモス(国際記念物遺産委員会)岩面画委員会(CAR)の日本支部という性格を持っており、世界文化遺産の岩面画関係の遺跡に関しては、その日本語訳などにも責任を持とうとしているところである。長くなるが、以下の25の遺跡を岩面画関連と認識していたが、先週、NHKの衛星放送で世界遺産関連の番組を見ていて、26件目があることを初めて知った次第である。うかつにも、世界に745件もある文化遺産と、29件の複合遺産の中で、そのすべての登録要件をチェックしているわけではないので、まだまだ欠落もあるかもしれないので、皆さんからのご指摘を期待するためにも、下記のリストをご覧いただきたいと思う。

世界文化遺産・先史岩面画関係遺跡リスト(登録順・25+1カ所)

1ヴェゼール渓谷の先史時代史跡群と洞窟壁画群 フランス(79)
2ヴァルカモニカの岩面刻画 イタリア(79)
3カカドゥ国立公園 オーストラリア(81,87,92)
4タッシリ・ナジェール アルジェリア(82)
5アルタミラ洞窟とスペイン北部の旧石器時代洞窟壁画 スペイン(85, 08)
6アルタの岩面画 ノルウェー(85)
7タドラット・アカクスの岩面画遺跡群 リビア(85)
8ウルル-カタ・ジュタ国立公園 オーストラリア(87,94)
9カピヴァラ山地国立公園 ブラジル(91)
10サン・フランシスコ山地の岩面彩画 メキシコ(93)
11タヌムの岩面刻画 スウェーデン(94)
12イベリア半島の地中海沿岸地域の岩面画 スペイン(98)
13コア渓谷とシエガ・ベルデの先史岩面画遺跡群 ポルトガル・スペイン(98,10)
14リオ・ピントゥラスのクエバ・デ・ラス・マノス遺跡 アルゼンチン(99)
15ウクハランバ/ドラケンスベアク公園 南アフリカ(00)
16ツォディロ ボツワナ(01)
17ビーマベトカの岩面画遺跡群 インド(03)
18マトボの丘 ジンバブエ(03)
19タムガリの考古的景観における岩面刻画 カザフスタン(04)
20コンドアの岩面画遺跡群 タンザニア(06)
21チョンゴニの岩面画 マラウイ(06)
22ゴブスタンの岩面画と文化的景観 アゼルバイジャン(07)
23トゥウェイフルフォンテーン ナミビア(07)
24オアハカ渓谷中央部のヤグルとミトラの先史時代洞窟群 メキシコ(10)
25モンゴル・アルタイ地方の岩面刻画遺跡群 モンゴル(11)

a0085337_12303991.jpg


 上の写真は、下記、番組により新しく認識した遺跡の作品写真で、これで26件となる。
26ワディ・ラム保護地域 ヨルダン(11)

 今年度も夏に自然遺産も含めて26件の新規登録があったが、とりあえずは岩面画関連の遺跡はなさそうであり、しかし、かつての登録の中で、要件に岩面画の存在が組み入れられているものもあるだろうから、今後鋭意精査してゆきたい。

 岩面画は、世界遺産の登録が始まった当初から、有力な研究者がイコモスに参画していて、日本での知名度の割には、比較的多くの遺跡が登録されてきているかもしれない。また、加盟国が最初の登録に挑む際に、岩面画が要件として認識されやすいという事情もあるのか、例えば、上記23番目のナミビアでは、未だに唯一の世界遺産となっている。逆に、世界遺産登録数が多い大国、例えば、アメリカ合衆国、中華人民共和国、ロシア連邦などでは,国内に多く分布している岩面画遺跡は一つも登録されておらず、世界遺産に登録されていることと、先史岩面画遺跡の充実とは直接関係がないということになるだろう。これはあらゆるカテゴリーにもいえることだろうし、世界遺産に登録されたから意義深いということではない、ということも、イコモス傘下の団体としては、自己矛盾も感じないわけではないが、明らかにしておく必要があるだろう。
[PR]
by rupestrian | 2012-11-26 12:53 | 先史岩面画
<< 中国最古の線刻 Pech Merle >>