世界各地の先史岩面画に関心を抱く皆さんとの情報交換を行う場です。
by rupestrian
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31


ショーヴェ洞窟壁画の年代

 先史美術の研究仲間である、イギリスのPaul G. BAHNからメールがあり、驚くべき論文が添付されていた。ドイツの先史時代に関する学術雑誌Quartärの最新号に掲載された

Chauvet cave’s art is not Aurignacian: a new examination of the archaeological evidence and dating procedures

というもので、まさに約32,000年前の制作とされているフランス南部のショーヴェ洞窟壁画がそこまで古いものではなく、いくつかの時代に分けて制作されたのではないかという主張をしているようである。なかには20,000年前より新しいとされている、有名なラスコーと同時期のものもあるのではないかとのことである。まだ全文を精読しておらず、その根拠をここで紹介することはできないが、私も、ショーヴェが人類最古の美術であるということを前提にして、近年の議論を展開しているので、ショックを否定することはできない。筆者はJean COMBIERとGuy JOUVEというフランス人研究者で、フランス語の論文を英訳したのが上記BAHNで、美術の起源論的議論を行っている研究者に全文を送ってくれたようである。最初のページだけは下記アドレスで見ることができるが、全文が必要という方は、末尾のメールアドレスまでご連絡いただければ、添付でお送りすることにしたい。

http://www.quartaer.eu/pdfs/2012/2011_combier_abstr.pdf

 下の写真は論文にも引用されている「相対する2頭のサイ」の部分で、この作品から32,000年前というデータがAMS法により得られたのである。

a0085337_1722026.jpg


 元々発見された直後には、12,000年前の制作ではないかという意見もあったわけであり、その後AMS法による驚くべき年代が出され、それに対しても、しばらくは疑義の念も表明されていたが、10年以上経過して、年代が確定したものとして様々な議論が展開されるようになった矢先の、揺り戻しであり、私としても戸惑うしかないところである。しかし、先史美術研究のような分野では、知見は日進月歩であり、新たな発見があれば、これまでの教科書も書き換えられなければならないのである。美術史を専門とする者としては、科学的な年代測定法は門外漢であり、結果だけを甘受するしかないのが残念なところである。まあ、しかし、嘆いていても仕方ないので、この論文を精読して、より思考を鍛えてゆきたいと考えている。

日本先史岩面画研究会 ganmenga@gmail.com
[PR]
by rupestrian | 2012-12-20 17:42 | 先史岩面画
<< ショーヴェ洞窟壁画の年代(続き) 岩面美術 >>