世界各地の先史岩面画に関心を抱く皆さんとの情報交換を行う場です。
by rupestrian
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31


「最古」級の意味

 雑事にかまけて、なかなかこのブログに向かうことができないが、今日の朝刊に載っていたニュースに押されて、ようやく書き始めている次第である。
 エチオピアのコンソ遺跡から175万年前の握斧が発見されたという報道であり、「最古級」という形容で紹介されていた。石器については門外漢であり、下の写真を見ても、皆目、どれが古くて、どれが新しいのか見当も付かないが、左端の上下が175万年前と最も古く、右に行くにしたがって新たしくなり、右端の上下が85万年前とのことである。

a0085337_16535011.jpg


 ここで問題なのは、なぜ「最古」級であることが喧伝されるのかということである。私も古い時代の美術を学ぶ者として、古ければ古いほど価値を感じる方であり、それは人間が制作して、破壊されたり、消滅させられたりせず、長い間生き延びてきたこと自体が、評価に値するという考え方である。美術作品は、永遠ともいわれるが、実際は、保管場所に困るといった現実的な理由のため、また政治的、宗教的に認めがたい作品は破壊するという理由などで、結構短命なものがほとんどで、人生より長く生き延びる作品は、実は例外的である。まれに評価され続けたという積極的理由もあるが、ほとんどは、存在が忘れられて、見逃された後、「再発見」されて、制作年代が推定されて、ようやく評価されるようになるというプロセスを経ているだろう。洞窟壁画も、10,000年以上、その存在がまったく予想さえされず、1879年にスペインのアルタミラで発見され、その20年以上後の1902年に、実際に10,000年以上前に制作されたと認定されて、研究対象になったのにすぎないのである。このブログでも紹介しているとおり、近年では、何十万年も前に作られたとされるものも紹介されているが、私はそれらを、偏狭なようだが、美術とは認めておらず、まさに洞窟壁画が最古の美術であるからこそ、起源論的アプローチにより、研究してきているのである。
 世界各地で何かが発見された時、その最初の報告者である地元の研究者は、より古い年代を発表することが多い。やはり、自分の報告しているものは、より古いことでより価値があり、また、このような古いものが発見される地域(国)に、現在自分たちが住んでいることを誇りに思うこともあるだろう。その気持ちもわからないではないが、国際的に客観的な検証を経て、より新しい年代に落ち着くことがほとんどのようである。なぜ、このような傾向があるのかを考えると、やはり、文化は世界のある場所で「発生」して、それが周囲に拡散していったのだという「伝繙論」の影響があるのではないかと推察される。文化は水と同じく、高きから低きに流れるという思い込みにより、「最古」のものが発見されているこここそが、まさにかつての世界の中心だったといえると思うのではないだろうか。反対概念である「系統発生論」は、世界中のいろいろなところで似たようなものがそれぞれ独立して発生するという考え方で、どちらが正しいかどうかは、まだ結論の出ていない問題であるようにも思われる。
 アフリカがホモ・サピエンスをはじめとする、あらゆる人類の発生の地であるというストーリーが定着していて、今回のコンソでの発見もそれをさらに強化することになるだろうが、それも、断片的なデータにもとづく仮説の蓄積の結果であることは、認識しておいた方がよいだろう。まだまだ何もほとんどわかっていないことを自ら認めることが重要であり、にもかかわらず、「最古」を求める意味については、次回ブログで書きたい、と珍しく予告しておきたい。
 
[PR]
by rupestrian | 2013-01-29 17:28 | 先史岩面画
<< 「海獣」の解釈 ショーヴェ洞窟壁画の年代(続き) >>