世界各地の先史岩面画に関心を抱く皆さんとの情報交換を行う場です。
by rupestrian
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31


オルドス式銅剣鋳型の発見

 本日の朝刊で、オルドス式銅剣鋳型の発見というニュースを知り、久しぶりにこのブログに向かった次第である。滋賀県、琵琶湖西岸の高島市にある上御殿遺跡から、これまで類例のない遺物が発見されたということで、紙面に紹介されていた識者の発言でも「想定外」とあり、興味をそそられた。このように、その存在を誰も予想さえしていない代物が見いだされた時こそ、まさに新発見というべきであり、これもその類に列してよいかもしれない。従来は、大陸からの銅器はすべて朝鮮半島経由で伝わったとされていて、朝鮮半島でも類例が見つかっていない以上、その来歴は不明で、おそらく日本海経由の直接的なルートがあったのだろうというのが、現時点での予想のようである。
 私は、この日本先史岩面画研究会の主要研究対象である、フゴッペ洞窟岩面刻画を研究する過程で、大陸からの、間宮海峡(タタール海峡)、樺太(サハリン)沿岸経由の人的移動と交易があったのではないかと主張していて、今回のニュースを知って、まず、このルートのことが脳裏に浮かんだのである。新聞では、日本海を直接渡るルートを想定してか、矢印が記入されていたが、これはあまりにも雑な解説図といえるだろう。
日本の先史時代は、どうしても、朝鮮半島経由の西側ルートが重視されているが、やはり、サハリン沿岸経由の北側ルートも無視できないのではないだろうか。まだまだ資料が圧倒的に少ないことが理由だろうが、現在の人口の分布と、先史時代の人口の分布は異なっていて当然であり、今、研究者が多い地域が、ずっと人工集中地帯だったとは限らないのである。北海道の先生方も、奮闘されているが、絶対数がまだ少ないのか、日本列島がいつの時代も西方のみに開かれていたというイメージが一般的なのが残念なところである。
 フゴッペ洞窟からも、発掘当初「フゴッペ式」と名付けられた、珍しい土器片があり、他にも、サハリンの「鈴谷式」や「宗仁式」土器との関連性も指摘されていて、その北方的様相は顕著である。下の写真はフゴッペ式土器の出土状況を1970年報告書から転写したものである。

a0085337_12594256.jpg


 わたしが思うに、ユーラシア大陸と日本列島は、先史時代を通じて間断なく、サハリン沿岸経由の交流があり得たのであり、岩面画の制作伝統も、その一時期に到来した一傾向ではなかったかと想定している。ユーラシア大陸におけるその元となった文化を、私は韓国の金元龍先生の著作から「タガール・オルドス・スキタイ文化複合」と考えており、まさにオルドスは、紀元前5世紀以降の中国北部の青銅器文化であり、今回の上御殿遺跡における発見も、先史時代のダイナミックな交流の産物といっていいのだろう。現在の私たちは、過去のほとんどをまだ知らないのであり、もちろん、現時点での知見を元にストーリーを構成することは、学問的にも意味があるが、それにとらわれることなく、自戒を込めて、謙虚に、新発見に対峙したいものである。
[PR]
by rupestrian | 2013-08-09 13:16 | 先史岩面画
日本発の洞窟壁画論 >>