世界各地の先史岩面画に関心を抱く皆さんとの情報交換を行う場です。
by rupestrian
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


重ねがき

マカピーです。まだまだエジプトの論文に苦しんでいます。下の写真は左の小さな画像と同じものですが、手形の上に赤色と黄色の人物像5体が描かれて、フォッギーニという問題になっている岩陰遺跡の代表的な作品部分です。「重ねがき」というもので、先史岩面画によく認められる独特なものですが、なぜこんなことをするのか、というのは非常な難問で、また、この場でも議論したいと思っております。今回の論文では、現場で観察した「重ねがき」の前後関係をもとに、多彩な作品群のどれが古いか新しいかを判断しているわけです。これも、どういう方法意識で前後関係を判断するのかと、つっこまれると辛いところですが、まあ、一つの分類を試みていると考えていただいてもいいでしょう。何しろ、手形だけで1,000個以上、全作品数はまだ埋まっている部分もあって、見当もつかないという、世界的にも珍しいほど、作品が密集している遺跡ですので、まずは整理しようとしているところです。それだけでも、結構たいへんなことで、苦闘している、その逃避に、このブログも利用している次第です。
a0085337_17395544.jpg

[PR]
by rupestrian | 2009-09-03 17:40 | 先史岩面画
<< 泳ぐ人 洞窟壁画の解釈 >>