世界各地の先史岩面画に関心を抱く皆さんとの情報交換を行う場です。
by rupestrian
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31


論文送付

マカピーです。やっと論文が仕上がり、編集担当に送りました。それで、ほっとして、こちらに書いています。まあ、報告にすぎないもので、論文と名乗るのはおこがましいのですが、やはり、はじめて行ったところに関し、何かを書くというのは、無理があるなあ、と反省しております。メンバーの皆さんは、枝幸でご発表いただきましたが、うまくまとめておられて、今更ながら敬服しております。
さて、今回扱ったフォッギーニ岩陰は、世界的にも珍しいほど作品が密集していて、本当に様々なタイプが発見できます。下の写真では、あまりはっきり見えないかもしれませんが、濃い黄色で棒状の人物像が描かれています。見た目のリアリズムではありませんが、人間ならではの運動感が見事にとらえられていて、こういう造形があるのも、先史岩面画の魅力の一つではないかと私は考えております。決して目立たず、あまり取り上げられることもないでしょうが、視角だけではなく、五感をフルに稼働させて、自分の動きをとらえようとした作者の存在が、思い浮かべられて、とても興味深く思っております。
今後は、少し余裕ができましたので、できるだけ毎日、岩面画そのものについても、書ければと思っているところです。
a0085337_19235458.jpg

[PR]
by rupestrian | 2009-09-09 19:24 | 先史岩面画
<< ディアブロ型人物像 泳ぐ人 >>