世界各地の先史岩面画に関心を抱く皆さんとの情報交換を行う場です。
by rupestrian
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


IFRAOの大会

マカピーです。そろそろ来年の国際学会の案内が出回りはじめました。IFRAO(The International Federation of Rock Art Associations、「国際岩面画団体連盟」とでも訳せるか)という組織があり、世界の岩面画研究団体が団体として参加しています。毎年参加団体の一つが主催して国際学会を開催しており、ことしは7月にブラジル・ピアウイ州のサンライムンド・ノナトという町でありました。私も過去に3度行ったことのあるフィールドでしたが、今回は残念ながら出席を見送らざるをえませんでした。
そして、欧米でもバカンスが終わりつつあり、来年の案内がインターネットに出回りはじめました。発表を募るためのものですが、そろそろ、世界中で、1年後の来年9月に研究発表するための準備をしてほしいという趣旨でしょう。たとえば次のページです。
http://mc2.vicnet.net.au/home/pawc/web/index.html
この学会は英語で「Pleistocene Art of the World Congress 2010」というもので、9月6日~11日までフランス南部のピレネー山麓にあるタラスコン・シュル・アリエージュという町などで開催されます。主な会場はその町の近郊にある「先史公園」で、下の写真は、その入り口付近の様子です。私たちも、来年はこのあたりに調査に行く予定ですので、できれば、学会にもからめて予定を立てられればと考えているところです。皆さんもぜひ研究発表をしていただきたいと願っております。なお、上記の「Pleistocene Art」というのは「更新世美術」と訳せる言葉ですが、ここでは、「先史美術」という意味ぐらいにとらえた方がいいような気がしております。
a0085337_16515520.jpg

[PR]
by rupestrian | 2009-09-25 16:52 | 先史岩面画
<< ICOMOS-CAR 岩面画とそれ以外 >>