世界各地の先史岩面画に関心を抱く皆さんとの情報交換を行う場です。
by rupestrian
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


「画」と「絵」

マカピーです。「チャイナチャイナ」さんの書き込みを見落としていて、まことに申し訳ありませんでした。一方的に書いているだけで、まだまだ不慣れなところはご容赦ください。
その書き込みから改めて考えましたので、またまた用語の問題にこだわってみたいと思います。11月の90分版の放送はまだもめていて、「岩面画」を少しは使っていただくことになったようですが、まだまだ「岩絵」への執着は強いようです。しかし、中国や朝鮮半島でRock Artを「岩画」と訳すのは理由があって、「画」はえがいたもの一般を指し、「絵」は色彩を用いてえがいたものだけを指す文字です。ですから、「岩絵」はあえていえばRock Paintingsの訳語でしかなく、極めて限定的です。この意味の違いは、もちろん漢語文化圏では当然のことであり、それこそ「岩面刻画」を「岩絵」などと呼ぶのは、無知の産物でしかないのではないでしょうか。もちろん、言葉の意味には変遷があり、今私がそうだと思えば、どんな言葉遣いをしてもいいのだ、という主張もあるかもしれませんが、やはり、学術的な見地からは、伝統的な言葉遣いを尊重することからすべてが始まるのではないかと思いますので、ここまで要らぬことを書いてきた次第です。
下の写真は私たちがもうすぐ訪問する中国・寧夏回族自治区の賀蘭山遺跡の「人面」とも解釈される岩面刻画です。
a0085337_13334981.jpg

[PR]
by rupestrian | 2009-09-29 13:35 | 先史岩面画
<< シャーマニズム解釈の問題点 ICOMOS-CAR >>