世界各地の先史岩面画に関心を抱く皆さんとの情報交換を行う場です。
by rupestrian
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


ヴァンダリズム

マカピーです。このブログでは、先史岩面画そのものに加えて、先史岩面画に対する人々の対応などを書いたりもしていますが、こういう短い文章という場では、その方が扱いやすいという面はあるでしょう。それで、今回は「ヴァンダリズム」についてです。「芸術破壊行為」と訳しますが、元々は古代ローマに侵入して、その文化を破壊したとされる「ヴァンダル人」に由来することばで、彼らにすれば、なぜこのような不名誉なことに自分たちの名前が残され続けているのか、首をかしげていることでしょう。
さて、下の写真は、ブラジル北東部のピアウイ州にあるサリトレ遺跡群の一つの岩陰にある作品です。右に4本の平行する垂直線、左には両腕を挙げた人物像、2本の平行線、そして、内部が何本もの平行線で充填された細長い四角形がありますが、左の3つのかたちには、白い部分が見えます。写真ではもり上がっているようにも見えますが、実際は、作品を礫で打ち欠いた痕跡であり、まさにヴァンダリズムの現場です。無惨極まりない状態ですが、どういう経緯でこのようなことが起こってしまったのでしょうか。「犯人」は特定されているようですが、複雑な事情が絡まっていて、検挙されてはいません。それはなぜなのでしょうか。
ピアウイ州は世界的にも先史岩面画の集中している地域の一つであり、今年6月には国際学会も開催されました。この地域は、早くも1991年に「セラ・ダ・カピヴァラ国立公園」として世界文化遺産に登録されており、それはこの地域に分布する先史岩面画の存在によってです。しかし、この地域のすべての遺跡が登録されたわけではなく、詳しい事情は私も知りませんが、なぜか外された部分もあったのです。写真の岩陰はサリトレという土地にあり、独自のデフォルメされたかたちが印象的な作品が多く見いだされています。世界文化遺産の範囲外であり、「犯人」は地元の青年だとのことです。その動機ですが、自分の誇りにしていた作品が、なぜか世界文化遺産から外され、その疎外感から、一種の自傷行為と解釈できるのでしょうか、作品を打撃したとのことでした。ここには、簡単にはうかがい知れない人間精神の深淵も垣間見えるようであり、安易に言及すべきではありませんが、ユネスコ世界遺産という日の当たる場所もあれば、そのすぐそばで、かえって闇に沈む所もあるということは、忘れてはならないでしょう。
a0085337_19282240.jpg

[PR]
by rupestrian | 2009-11-24 19:30 | 先史岩面画
<< 上黒岩岩陰遺跡 ホピの「予言の岩」 >>