世界各地の先史岩面画に関心を抱く皆さんとの情報交換を行う場です。
by rupestrian
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31


年の瀬に

マカピーです。どうも、ブロガーになりきれないまま、2009年も終わりに近づこうとしています。今年は、春にエジプトに行ったり、秋に中国に行ったり、初めての先史岩面画作品も見ることができ、充実した1年になったのではないかと思っております。このブログも本格的に始めたつもりですが、なかなか軌道に乗らないまま、来年はどうなるのか、自ら心配しております。著作権という、重要ではあるが、結構厄介なものがあり、基本的に自分が撮った写真しか載せられないのが、こういう美術系ブログの一つの制約とはいえるでしょう。まあ、これまでいやほど撮りためている画像がありますので、それを徐々に出していけばいいのかもしれませんが。
さて、年末に、1冊の本を読みましたので、紹介いたします。青柳正規『人類文明の黎明と暮れ方』(興亡の世界史00)講談社、2,300円(税別)という本で、表紙にペシュ=メルル洞窟の「斑点のある2頭のウマ」がデザインされて、書店でも目につくかもしれません。400ページ近い全体の、約20ページが洞窟壁画に充てられていて、まあ、それなりに取り上げていただいているという感じです。もちろん、専門に研究している者から見れば、情報の出所が限定的で、議論の不十分な箇所もあるような気がしますが、それよりは、こういう著者にも関心を持っていただいているということをよしとすべきなのかもしれません。青柳先生は、東京大学の美術史講座主任教授を長らく務められた、古代ローマ文化の専門家であり、イタリアでは実地に発掘調査もされています。日本学士院会員という、研究者としては、功成り名遂げた方であり、そういう先生が、洞窟壁画をどう捉えておられるのかというのも興味深いところです。今回も、本の紹介ということで、画像は省略いたします。
では、皆様よいお年をお迎えください。
[PR]
by rupestrian | 2009-12-28 14:30 | 先史岩面画
<< テレビと先史岩面画 メーリングリスト >>