世界各地の先史岩面画に関心を抱く皆さんとの情報交換を行う場です。
by rupestrian
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


<   2012年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

改めて「日本先史岩面画研究会」について

 エル・カスティージョの「最古」の年代という話題で、このブログを再開しましたが、このニュースは残念ながら、日本では大きな話題にはならず、半月ほどが過ぎてしまいました。このブログ全体ののタイトルにもなっている「日本先史岩面画研究会」は、我が国ではまだまだマイナーな研究分野にとどまっている「先史岩面画」というものを、より大きな関心の対象にしてもらうためにも活動している、実在の研究組織であり、今回は、その紹介を改めて書いてみたいと思います。
 日本には、これまでのところ、本格的な先史岩面画遺跡は、北海道の手宮洞窟(小樽市)とフゴッペ洞窟(余市町)しか発見されておらず、その存在も、全国的には広く知られているとは言いがたいところです。この研究会は、特に後者のフゴッペ洞窟で1950年に発見された「岩面刻画」を共同で調べるプロセスの中で1990年代に発足し、既に10年以上継続しています。下の写真は、2004年に完成した、新しい保護屋で、この中の深さ数メートルのフゴッペ洞窟の岩面に、約1,900年前に刻画が制作されたと、まだまだ年代には異論はありますが、私は考えています。
a0085337_14372685.jpg
研究会それ自体は、柔軟な組織を目指しており、はっきりした会則も、会費などもなく、このブログに参加していただければ、その時点で「会員」であるといってもいいほどです。具体的には、共同研究に参加した研究者を核に、その後知り合いなどにも参加していただいて、10名程度のメンバーが、まずは自費で朝鮮半島などに調査に行ったりして、その後、「科研」という公的な経費もいただいて、中国やヨーロッパでも現地調査をすることができました。その詳細は、追って、この場で書いてゆきたいと思っております。
 先史岩面画とは、改めて定義しますと、自然の凹凸や亀裂に満ちた岩面に手を加えて平面にならすことなく色彩を施したり、線条を刻んだりして、かたちを作り上げた美術作品です。世界中に分布しており、年代も、今回のスペインの洞窟壁画の年代が正しいとして、40,000年以上前から、つい最近まで制作され続けてきた造形現象です。有名作品としては、フランスのラスコー洞窟やスペインのアルタミラ洞窟があり、私も主たる研究対象としております。しかし、世界各地に様々な制作年代の作品が発見されていて、私も機会が与えられれば、すぐに飛んでいって、できるだけ実際の作品を、まさにそれが制作された場所で見ることを心がけております。「岩面画」は英語では「RockArt」ですが、研究の始まったスペインなどのラテン語圏では、「arte rupestre」(フランス語)と呼ばれており、英語でも、「rupstrian」は「岩面画に関心を持つ人」という意味があり、このブログのアドレスにも用いています。
 具体的な事例は次回以降に書きますが、現在では、乾燥地帯など、あまり人間が住んでいない地域で発見されていることが多く、作品のあるところまで赴くだけでも一仕事であり、その困難な行程の末に、誰とも作者がわからないまま、人知れず、自然に包まれて残ってきた形に直面するだけでも、その感慨は計り知れません。日本でも、多くの皆さんにこの知られざる芸術に親しんでいただきたいと願って、研究会活動も行っているところです。
[PR]
by rupestrian | 2012-06-28 15:16 | 先史岩面画

「最古」論争

 ブログを再開して1週間たちましたが、まだ習慣化していないので、更新が滞ってしまいます。日本では、オウム関係など、大きなニュースがあり、40,800年というデータが出たことはほとんど報道されなかったのが残念ですが、もちろん、世界的にはScienceの表紙を飾った論文ですから反響も大きく、様々な問題が提起されています。そのすべてをフォローしているわけではありませんが、まずは「最古」という形容に関する論争を紹介したいと思います。今回「最古」という言葉が印象的に用いられたわけですが、もっと古い芸術が多くあるという議論が展開されたわけです。年代の問題は、今回のウラン系列による測定法に対する信頼性など、きわめて微妙であり、論者によって様々に扱われていますが、いずれにせよ、きわめて古い時代の人間の造形活動に関心のある研究者たちは、私もその最たる者ですが、「最古」すなわち「最初」の芸術という表現に敏感に反応するわけです。
a0085337_16201758.jpg
これは約7万年前の考古学的層から出土した赤土の塊であり、その表面に平行線や斜線が何本も刻まれています。南アフリカの海岸部に近いボロンボス遺跡の遺物ですが、この場合、年代にはそれほど疑念はないでしょう。制作者もホモ・サピエンスということで大丈夫でしょう。ネアンデルタール人の話は、またの機会に詳しく書くつもりです。
 問題はこれが芸術かどうかということであり、私自身は、人間の手の自働的な反復運動の産物とみなし、芸術であるとは考えておりません。芸術が、ブロンボスのような非具象的なかたちから始まるのか、それとも洞窟壁画の迫真的な動物像など具象から生まれたのかは、それぞれの研究者の芸術観にも関わる、決着のつかない問題かもしれませんが、私自身はリアルな動物像がどういう原理で制作されているのかを、従来から中心的な課題としており、ブロンボスの直線は、質的にも異質な事例と位置づけています。今回のデータでは、41400±570の赤い円盤が「非具象」、37,630±340の手形が「実物の転写」ということで、「最古」の具象的動物像としては、エル・カスティージョの黒色による動物像輪郭線の断片が22,800±270ということで、私の研究者としての「常識」の範疇にとどまっていて、まだ安心できる気がします。
 「最古」の芸術とは何か、これはまさに芸術の定義の問題でもあり、簡単には答えが出ませんが、今回のScienceの論文が、こういう根本的なテーマを照らし出してくれただけでも、意義深かったといえるのかもしれません。以上、腰砕けな結論ですが、これからもできるだけ頻繁に書き込んでゆくということで、お赦しください。
[PR]
by rupestrian | 2012-06-21 16:51 | 先史岩面画

洞窟壁画・最古の年代で再開します

 この場所に最後に書いたのは2年半近く前で、再開するのもどうかという気がしていましたが、本日大きなニュースが入ってきましたので、これをきっかけに、これからはゆったりと、週一くらいのペースで投稿できればと思っています。日本先史岩面画研究会の共同研究による活動は、この3月で4年間にわたった科研が終わり、一段落しましたので、これからは、このブログを維持することで研究会活動の一端にしたいと考えております。
 さて、昨日、ある新聞社から電話があり、Science6月15日号に出る論文に関し質問されました。ウランを用いた年代測定で、スペイン北部のエル・カスティージョ洞窟の「赤い円盤」から41,400±570というきわめて古いデータが出たという論文です。これまでは木炭などの有機物からしか年代測定できなかったのですが、この「ウラン系列年代測定法」では、原理の詳細は割愛しますが、作品制作後に生成した鍾乳石の年代が測定できるので、これまで年代のわからなかった赤い顔料による作品も測定できることになります。同じ洞窟の手形からは37,630±340というデータも出ており、驚くべき古さです。有名なアルタミラ洞窟、大天井画の部屋の、少し保存状態のよくない部分のウマの輪郭線からは、22,110±130という数値が得られ、これは従来考えられていたよりも7,000年以上古い年代で、これをどう解釈すべきか悩ましいところです。科学的年代測定法を専門にしていない立場から放言するなら、今回のデータは7,000年ほどの誤りがあり、エル・カスティージョの赤い円盤も34,000年前とするなら、まだ納得できるところかもしれません。これでも、今まで最古とされている南仏ショーヴェの32,000年よりも2,000年も古くなり、驚くべきニュースとなります。
 もし、41,400年という年代が正しいのであれば、もっと重大な問題が提起されてしまいます。従来、洞窟壁画の担い手であるホモ・サピエンスがヨーロッパ西部に到達したのは約40,000年前頃と考えられており、今回の論文の末尾でも示唆されているとおり、その前から居住していたネアンデルタール人が作者の可能性も出てくるということです。抽象的な形態であろうと、象徴的な表現行為はホモ・サピエンスに限られているという説が有力であり、もし、ネアンデルタール人が赤い円盤を制作したとを認めるなら、大げさに言えば、人間とは何かという大きな問題にも関わってしまうのです。今回の論文では、ホモ・サピエンスのヨーロッパ西部への到達を41,500頃と見積もっており、ぎりぎりホモ・サピエンスの関与も考えられなくはない、微妙なところです。私は、芸術学を専門とする研究者として、芸術をホモ・サピエンスに固有なものであるという論陣を張っており、今回の論文を深刻に受け止めざるを得ません。
以上、新聞社からいただいた、雑誌発行前に報道機関に提供された論文からの第一報として書きました。今後もこの場で、この問題を追及し続けたいと思っていますので、コメントなどよろしくお願いいたします。要約は下記をご覧ください。
http://www.sciencemag.org/content/336/6087/1409
a0085337_16283798.jpg

この写真は私が1992年に訪れた時に撮ったエル・カスティージョの写真で、左側の格子の向こうに洞窟の広い入り口部分があります。
[PR]
by rupestrian | 2012-06-15 14:54 | 先史岩面画